十二支と九星(九宮)は未来予測ができるのはなぜか?

2024/6/18

古代から使われてきたニコラ・テスラの369の法則

十二支は丑、卯、巳、未、酉、亥の陰6、子、寅、辰、午、申、戌の陽6で構成されています。
数値根6と12=1+2=3の数値根3

12支では重要な干支の三合についても


水局三合 6又は3
子₋辰₋申 12+4+8=24 24=2+4=6 12は0でもあり 0+4+8=12 1+2=3
金局三合 6
卯-未-亥 9+1+5=15 1+5=6
火局三合 9
午-戌‐寅 6+10+2=18 1+8=9

〇干支の三合は「嫁をもらうなら四つ違い」古来から語られてきた大幸運であり

九星(九宮)

下記図は時(十二支)の九星の配置図
時が子、卯、午、酉は九星は一白、四緑、七赤で時が寅、巳、申、亥は二黒、五黄、八白で時が丑、辰、未、戌は三碧、六白、九紫となる。

人3はイースーチー(1白4緑7赤) 12支は水火は陽、木金は陰
地6はリャンウーパー(2黒5黄8白)12支は水火は陰、木金は陽
天9はサブローソー(3碧6白9紫) 12支はすべて土で構成

縦横斜め合計数



人=3 一白、四緑、七赤が中宮は数値根3で12支は子卯午酉
地=6 二黒、五黄、八白が中宮は数値根6で12支は寅巳申亥
天=9 三碧、六白、九紫が中宮は数値根9で12支は丑辰未戌

12支と九星(9宮)は古代中国の賢者が長い時を経て導き出した究極の未来学なのです。