1年の開始は立春では海外で使う場合は?
ポイントは太陽の位置にあり

2017/4/5

 こよみの陰陽五行は十干と十二支に九宮から成り立っている。
2017年4月5日は陰陽五行での表示は年は丁酉一白年で月は甲辰六白月で日は壬戌二黒日となる。
十干は甲より始まるということがポイントになる。
甲は東で春なのは占い教室の四獣の青龍を参照していただければわかるようにナンバーワンのポジションが与えられています。
このこよみを作った皇帝が甲に関係していたのかもしれません(甲生まれの可能性)。
また、陰陽五行は季節と密接な関係があるため太陽に対しての位置については「占いの原理」を参照してください。


上図を太陽から見ると地軸の傾いている地球は日本の位置が角度で変わるこれが季節
地球の中央のラインが赤道なら太陽が通過するラインは黄道といいます。


では立春の時期はというと日本では2月4日ごろということで時間は毎年違ってくる。
2017年の立春は2月4日 1時  イギリスでは2/3 16時  ニューヨークでは2/3 11時
2018年の立春は2月4日 7時  イギリスでは3/3 22時  ニューヨークでは2/3 17時
2019年の立春は2月4日 12時 イギリスでは2/4  3時  ニューヨークでは2/3 22時
2020年の立春は2月4日 18時 イギリスでは2/4  9時  ニューヨークでは2/4 4時
2021年の立春は2月4日  0時 イギリスでは2/3 15時  ニューヨークでは2/3 10時
2022年の立春は2月4日  6時 イギリスでは2/3 21時  ニューヨークでは2/3 16時
世界時計(日本時刻から)

ヨーロッパやアメリカで使う場合は1日前の一つ買うほうが良いと思われます。

 以上から海外で気学運勢カレンダーや奇門遁甲カレンダーを使うときの参照として使う国の立春がいつかを調べて場合により一日前の日盤と時盤を使うようにしてください。
時盤はその国の標準時間の経度から奇門遁甲時差表で調整するようにしましょう。

イギリスのマンチェスターで奇門遁甲カレンダーを使う。


イギリスの標準時間グリニッチ天文台の0度が基準ですからマンチェスター東経:-2.22度なので約-2度


2017年5月10日の盤は時差数値22から2017/5/9をオートフィルタから抽出

上図の盤を使うとよいことになります。

南半球では季節が逆転しているので北は南 北東は南東 東は西 というように反転して使うとよいでしょう。
ただし、南半球とヨーロッパ、アメリカは私は実際に奇門遁甲の実践はしていないので推測になります。

所 輝美より

ホームページに戻る